· 

豚にも格付けがあります

 牛肉はA5ランクに代表されるように格付けされていることは有名です。A5ランクの牛肉は美味しいだとか格付けは美味しさには関係ないだとか色々な意見があるようですが、今回は実は豚肉にも格付けがあるんですというお話です。

 

まず、豚肉は牛肉ほど細かく格付けされていません。極上・上・中・並・等外の5つに格付けされます。

その中でも極上物はほとんどありません。日本食肉格付協会によると平成30年で全国で出荷された豚のうちの0.2%のみとなっています。さらに等外と格付けられるものは外観・肉質が特に悪かったりするもので平成30年の出荷数のうち4.4%となっています。

 

ですから、実際は上物・中物・並の3種類が多くを占めています。規格は「重量および背脂肪の厚さ」「外観」「肉質」の3種類でその中の各基準で決められます。気になる方は日本食肉格付協会のホームページでご確認ください。

 

その規格のうちの「肉質」に関しての上物の基準に

肉の締まり及びきめ・・・締まりは良く、きめが細かいもの

肉の色沢・・・肉色は、淡灰紅色で又はそれに近く、鮮明で光沢の良いもの

脂肪の色沢と質・・・色白く光沢があり、締まり、粘りともに良いもの

脂肪の沈着・・・適度のもの

と決まっています。

 

これを見るとなんとなく上物のお肉が美味しそうに思えませんか?

上物率が高い農場は安定的に良いものが作れる農場の証拠だという方もいます。豚肉の味はエサや水によるところが大きので、上物が美味しいとは限らないという方もいます。さらには、加工品を作るためにあえて中物を作っているという農家もあるそうです。でもやっぱり上物=美味しいってイメージになりますよね。

 

そんなお客様のイメージにも対応するためヤマグチファーム では、お客様にお渡しするお肉は全て上物です。もちろん加工品に使うお肉も全て上物です。出荷元が当社なので上物を選ぶことができます。もちろん、上物出荷率が高いので上物を確保できるということもあります。そんな、安心・安全・新鮮でさらに上物の「みー豚」をこれからも皆様にお届けします。

 

余談ですが、スーパー・お肉屋さん等で「この豚肉の格付けは?」なんて聞いてみても多分、答えられないことが多いと思います。もし、その質問に答えられるスーパーやお肉屋さんがあるとしたら、そこは非常にこだわっている良いスーパー・お肉屋さんと言えるかもしれませんね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ぶチャンfarm (木曜日, 04 4月 2019 13:58)

    確かに、上物=美味しさには成りませんネ‼️

    そして、味覚って人それぞれ(国や調理法)によって異なります。

    私が住むミャンマーでは、肉を焼く習慣が無い{(煮物)カレー等がメイン}ですので‼️

    たまに焼き肉(BBQ等)が食べたく成ったら下ごしらえをしなきゃ固くて食べられない肉(鶏肉 豚肉 牛肉 山羊の肉等全て)

    私は、焼き肉や豚カツ等焼き物 揚げ物でも柔らかく美味しい肉を生産する事を目標に工夫錯誤して励んでおります‼️