· 

豚皮のお話

突然ですが、豚の皮ってどうなるのか知っていますか?

 

毎日これだけの豚肉が消費されているのにその豚の皮って捨てているの?と思っている方もいるかと思います。

鶏は「鶏皮」として食用でも食べられていますよね。地域やお店によって「豚皮」を食用に出しているところもあるようですが、どこでも食べれるという感じでは無いですよね。

 

そんな豚皮ですが、実は非常に多くの「革製品」として使われているのです。

豚皮はなめし加工等され豚革(ピッグスキン)になります。

 

豚革の特徴は薄くて、耐久性に優れています。そのため、カバンや財布に使われているのはもちろんのこと、靴の内側の革としても使われています。

 

表面の特徴は、3つの毛穴が三角形の頂点となったものが1組になっています。

 

豚革は日本で唯一の完全自給している革で海外にも輸出しています。

そのため、多くのブランドでも使われています。

 

残念ながら、現在では「とよかわみー豚」の皮が最終どこに行ってしまうのか私たちにはわかりません。

しかし、ひょっとしたら、ブランドのカバンや財布などになり、みなさんの手元にあるのかもしれませんね。

 

 

こちらの記事は

youtube「カフェアジトの観てはいけないラジオ」(毎週水曜日20:30〜生放送)

でお話させていただいた内容です。